院長プロフィール 患者さんの声 整体の流れ 整体の料金 よくある質問 アクセス

6262

ただの目の疲れなら、少し休むか、睡眠をとれば回復するようになっています。

休んでも目の疲れが取れない、なんとなく目が重いなどの症状がある場合は、眼精疲労かもしれません。

眼精疲労は、単なる目の疲れではなく、目の疲れが慢性化することで様々な症状が起こります。

目の症状はもちろんですが、目以外の部位にも、精神面にも症状が現れます。

パソコンやスマートフォンの使用が当たり前となり、使用時間も長くなったからこそ、眼精疲労の症状でお悩みの方が多いようです。

逆にいうと、このような時代だからこそ『目の疲れを取るだけ』で様々な症状が取れる可能性もあるんです。

ここでは、眼精疲労の原因や症状、治療法などについて、お話しします。




眼精疲労とは?

眼精疲労とは、目の疲れが慢性化して、目や目以外の部位や内臓、精神面にまで不調が現れる目の症状です。

目の周りには、薄い筋肉が集まっています。
目を使いすぎると、それらの筋肉がこります。
こりが慢性化すると、目を休めても、睡眠を取っても目の疲れが取れなくなり、様々な症状が現れます。
これを眼精疲労と言います。

目の周りの筋肉のこりが続くと、それが首や肩にまで伝わり、首こりや肩こりが起こります。
目の疲れを感じながら目を酷使続けることで緊張状態が続いて、血流が悪くなったり、自律神経のバランスが悪くなると胃腸や精神面にも影響して不調が起こります。

目の疲れが積み重なることで慢性化すると、様々な症状が起こり日常生活にも支障をきたします。
特に精神面に出る症状は、なかなか回復しないので要注意です。

眼精疲労の原因とは?

眼精疲労が起こる原因は様々です。
ここで、眼精疲労の原因をお話しします。

長時間のパソコンやスマートフォンの使用

長時間のパソコンやスマートフォンの使用によって起こる眼精疲労が非常に多いです。
最近は、仕事でパソコンを使うことが多くなりました。

スマートフォンが私たちの必需品となりつつある現代では、スマートフォンを使わない日はないというほど、よく使っていると思います。

仕事でパソコンを使い、帰ってからはスマートフォンを使い、さらには、家でもパソコンを使ったり、液晶テレビを観たりしていると、目が疲れないわけがないのです。

目が疲れるだけではなく、神経にも刺激を与えすぎるので、自律神経のバランスも崩れます。




近視や乱視、視力低下

近視や乱視、視力低下に気づかず、見えにくい目で目を使い続けることで眼精疲労が起こります。

メガネやコンタクトレンズが合っていない

メガネやコンタクトの度数などが合わないまま過ごしていると、それも眼精疲労の原因となります。

以前より物が見づらくなったり、メガネやコンタクトで目の疲れを感じたら、すぐに対処するべきです。
それだけで、眼精疲労を防げます。

ドライアイ

パソコンやスマートフォンの使用で集中した時に、目を酷使することで瞬きが減ると、涙があまり出なくなりドライアイになります。
ドライアイにより、目の粘膜が乾燥すると、目が疲れやすくなり眼精疲労を招きます。

白内障や緑内障

白内障や緑内障に気づかずに過ごしていたり、何の処置もせずにいると目が疲れやすくなり、そこから眼精疲労の症状が出ます。

斜視や斜位

斜視や斜位も放置しておくと、目が疲れやすくなるので眼精疲労を起こします。

斜視は、両眼の視線が合わずにバラバラになってしまう状態です。
斜位は、片方の目をつぶったり、両目でぼんやりと景色などを見たときに、物が二重に見える症状を言います。
斜視も斜位も、物を見るときに疲れが生じやすいので眼精疲労の原因になります。

どちらも、焦点を合わせるのが大変になるので、目の周りの筋肉に疲れが溜まりやすくなるのです。

眼瞼下垂

まぶたが垂れ下がる病気の眼瞼下垂によっても眼精疲労を引き起こすことがあります。
まぶたが下がることで視野が狭まり見えにくくなるので、目が疲れやすくなり、眼精疲労を引き起こします。

不規則な生活や栄養不足

不規則な生活で、しっかり睡眠で目の疲れが取れなくなると、目の疲れが慢性化して眼精疲労になります。
また、不規則な生活は自律神経のバランスを崩して血流を悪くするため、さらに目の周りの筋肉に疲労が溜まりやすくなり眼精疲労を引き起こします。

そして、乱れた食生活により栄養不足になると、目に必要な栄養を届けられなくなり目が疲れやすくなります。
目の健康を保つために必要なのは、ビタミンB群やビタミンAです。

ビタミンB群では、疲労回復に効くビタミンB1や目の粘膜表面を正常に保つビタミンB2が不可欠です。
またビタミンAには、目の粘膜を保護する作用があります。

加齢によるもの

加齢により、目の周りの筋力が衰えてくると、ピントを合わせたりするのに苦労するようになり、眼精疲労を引き起こしやすくなります。
また、加齢による視力低下もあり、それに気づかずに過ごしていると眼精疲労になってしまいます。

ピントを合わせるために使う主な筋肉は毛様体筋です。
加齢による毛様体筋の衰えは非常に多く、そこから老眼も起こります。

目以外の病気によるもの

眼精疲労は、必ずしも目が原因で起こる病気ではありません。
目以外の原因で起こることもあります。

例えば、インフルエンザや自律神経失調症、更年期障害、歯周病、耳や鼻の病気が眼精疲労につながることもあります。

精神的なストレス

ストレスが蓄積されると、神経の緊張状態が続き、血行不良になります。
血行が悪くなると、筋肉に疲労が溜まりやすくなり、眼精疲労が起こりやすくなります。
また、睡眠障害も出るので、それにより目の疲れを癒すのが困難になり眼精疲労を引き起こしやすくなります。

このようにいろんな原因から眼精疲労が起こります。
眼精疲労の原因は一つだけではなく、いくつかが重なって起こることもあります。

目の疲れがなかなか取れないと感じたら、原因追求のためにも早めに眼科検診をすることです。
早期発見により、回復の確率も上がり、快適に過ごせるようになります。




眼精疲労の症状

眼精疲労から起こる症状は多岐に渡ります。
大きく分けると、目に現れる症状、視界に現れる症状、身体に現れる症状、精神面に現れる症状があります。

ここでは、それぞれの症状をご紹介します。

目に現れる症状

・目が痛む
・目が乾く
・目が疲れやすい
・目がかすむ
・まぶたが重い

目が重く、痛い、ズキズキするなどの症状が出ます。
一時的ではなく長く続くようであれば、眼精疲労の症状かもしれません。
さらに、目が乾燥したり疲れやすくなり、かすんだりする症状も出ます。

物がかすんで見えると余計に、目をこらすようになり、それがまた眼精疲労の症状を悪化させます。

視界に現れる症状

・物がかすむ
・焦点が合いにくい
・光がいつもより眩しく感じる

よく物がかすんで見えたり、焦点が合いにくくなるのも眼精疲労の症状です。
例えば、パソコンの文字が見えにくくなったり、遠くに目をやると風景がかすんで見えると言った症状です。

また、パソコンやスマートフォンの画面の光や自然光をいつもより眩しく感じてしまうという症状もあります。

身体に現れる症状

・頭痛
・首や肩こり
目の酷使をすることで、目の周りの筋肉が疲れます。
目の周りの筋肉のこりが慢性化すると、首や肩にもこりが伝わっていき、血流も悪くなります。
首や肩の血流が悪くなると、頭への血流も悪くなり、頭痛が起こります。

たとえ、首や肩をもみほぐしたとしても、目の疲れが取れない限り、また、こりが起こり、頭痛や首や肩のこりが回復することはありません。

・吐き気やめまい
・胃腸の不調、消化不良
眼精疲労が悪化すると、吐き気やめまい、胃腸の不調の症状も出ます。
目が疲れているのに酷使することで、常に緊張状態となり血管が収縮すると血流が悪くなります。
自律神経のバランスも悪くなり、吐き気やめまい、胃腸などの内臓の不調も引き起こすのです。

精神面に現れる症状

・睡眠障害
・イライラしたり不安になったりする
・抑うつ状態になる

眼精疲労により、自律神経のバランスが悪くなると、そこから睡眠障害やイライラ、不安感、抑うつ状態を引き起こします。
夜眠れなくなったり、寝ても疲れが取れないなどの症状が長引くようであれば、眼精疲労の可能性があるので、早い目に診てもらいましょう。

眼精疲労の一般的な治療法(西洋)

それでは、眼精疲労の一般的な治療法(西洋)をご紹介します。

眼精疲労の検査ですが、視力検査のほかに、視野の検査、目の奥の血管や網膜の状態を診る眼底検査、眼球の固さを診る眼圧検査、目の向きを診る眼位
や眼球の検査、ドライアイの検査などが行なわれます。
その結果により適切な治療が行なわれます。

メガネ、コンタクトレンズの度数の調整

視力検査により、メガネやコンタクトの度数を変える必要があれば、調整をします。

ビタミンB12剤、調節賦活剤の点眼薬の処方

ドライアイを潤すために、また、目の栄養補給のためにビタミンB12剤、調節賦活剤の点眼薬を処方されます。

それにより、目の疲れを軽減させられるため、眼精疲労の回復へと向けられます。

ドライアイ治療

ドライアイを防ぐための点眼薬が処方されます。
防腐剤が入っていない点眼薬が処方されるので、目への刺激も少なくドライアイを効果的に治療できます。

D5000

D5000は、眼球のまわりにある毛様体筋の緊張をほぐすための治療器です。
立体風毛が見られるようになっており、それにより毛様体筋の緊張が和らぎ、眼精疲労が緩和されます。

温罨法(おんあんほう)、冷罨法(れいあんほう)

目を温める、冷やすを繰り返すことで、目の周りの血流を促進して、筋肉の疲れを取る治療です。
ある程度は、眼精疲労の症状が緩和されますが、目を酷使すると、また目の周りの筋肉にこりが溜まってしまいます。

目を温めるだけ

眼球を動かす動眼神経は副交感性の神経です。
そのため動眼神経のある目を温めると副交感神経にスイッチが入り、リラックスモードになります。
副交感神経ですから、血管が開き、身体の末梢まで十分に血液がいきわたる効果も得られるのです。

いかがでしたか?
眼精疲労と目の疲れは違います。
目の疲れだと思い込んで何もせずに放置しておくと、いろんなところに症状が出て、それだけ治療も大変になります。
普段から目を休める習慣をつけて、なるべく目の疲れを蓄積しないように気をつけましょう。

参考資料

当院の眼精疲労の整体とは?

真っ直ぐに立つようにして、さらに頭蓋骨の調整、動眼神経や眼動脈の調整も行い、目の血流を回復するお手伝いをしています。

施療後は、視野が明るく感じて、目が潤うことで少女マンガのようにキラキラ光ります。

施術方針

どんな症状でも真っ直ぐに立つように調整します。

当院の施術では、基本的に痛いところではなく、足から全身の骨格のズレを整え、身体の歪みをなくし、真っ直ぐに立つように調整します。

なぜなら、土台である足から全身は繋がっているからです。

その場で魔法のように全部の痛みを取るのが目的ではありません
足から整え、全身が動きやすくなることで、身体が自発的に良い方向に変化していくお手伝いをするのが整体の目的です。

軽いものであれば、その場で痛みやコリがスゥーーっと取れるので不思議がられます。土台を整えるとはそういうことなんです。

どんなに詳しくお話を聞いても、細かく検査をしても、今の状態(ゆがみ)しかわかりません。

客観的に観て、どうしてそうなってしまったのか?の根本原因が初回ではわからないのです。

人の数だけ原因があり、臨床例や経験などから推測するものでも、最低でも10個以上は思いつきます。

そこで、最短で良くなる方法として、

【どんな症状でも真っ直ぐに立つように調整して、次回にどこが崩れるかをみて再調整】

というやり方をしています。

初回ですっかり良くなったとしても、表に出ている症状がよくなっただけで、根本原因がよくなっている保証はありません。

2回目は、初回の調整をした結果、身体がどのように崩れるかの差をみます。

このように、症状の原因、原因の原因、戻す原因を施術していくことで、マイナスからゼロに戻す施術を行います。

3回〜6回以降は通院間隔も徐々に延ばしていきます。

目標は、その状態が3ヶ月ぐらい安定継続して、気にならなくなったら、ひとまず卒業。という感じです。

その後、ゼロからプラスにしたい人は、継続して、次の治療計画に進みます。

普通に生活をするぐらいでしたら、ゼロに戻した時点で終わりとなります。

整体施術をして、バランスよく立てるようになると『こんなに軽いんだ』と思うほど楽になります。

マッサージや他の整体とは違う効果を実感していただけるはずです。

かたこり整体院の施術方針

健康とは、健康を意識しないでいられる普通の状態です。

どんな人の身体も、痛くなっても、疲れても、寝たら治る。
痛くなりにくい。疲れにくい。

安定した身体があると起こる自然な回復現象です。

健康を気にしないことで、余裕が生まれて、本当にやりたいことを楽しめます。

人間は、「身体」が健康になると、人生を楽しむことができます。

痛み・コリ・ゆがみが解消するだけではなく、
『できないコトができるようになる』整体院。

あなたがごきげんで楽しく暮らしていけるようにお手伝いをしています。

あなたの『できないコト』はなんでしょう?

『こんなことができないんだけど?』とお気軽にご相談ください(^ω^)

○○の症状ですが、治りますか?

様々な情報や治らない日々の不安から、どこかに確実に『治りますよ』と言ってくれる先生はいないか?
あちこちに電話をかけて探す人が増えています。

当院は症状ではなく、人をみています
現実問題、治る治らないの確立は50%です。

仮に電話だけで『治りますよ』と言ってくれる先生がいたとしたら、、、魔法使いか詐欺師ですよね。

『治りますか?』と聞かれたら、『やってみないとわかりません』と答えます。

『○○の症状ですが、みてもらえますか?』と聞かれたら、『はい、どんな症状でもみさせていただきます』と答えます。

少しでも確率を上げるには、『治りますよ』と言ってくれる先生を探すよりも、まずはあなたが『治したいのか?』が大事です。

大事なコトは、あなたが『治したい』気持ちをなくさないことです。

『治したい』あなたは一度当院の整体をお試しください。

東京整体

「はい、かたこり整体院です」

と電話に出ますので

「ホームページを見て、予約を取りたいです」とおっしゃってください。

・ご希望の日時や時間帯

・ご希望のコース(女性専門じっくりコースをご希望の方はお申し付けください)

を伺い、最短で空いている日をご案内します。

LINEで予約・問い合わせ

友だち追加数

▲ 一番上へ戻る

肩こり整体院
TEL:0120-978-628
LINEで予約・問い合わせ 友だち追加数