【山梨】金峰山へ大弛峠からの最短で最高の稜線と富士山

000登山

深夜1時、真っ暗な林道の入口でカーナビの表示は『目的地まで20km』・・・それもそのはず、日本一標高の高い峠(標高2,360m)に向かっているんだから・・・

前日はいつもより登山口まで距離があるから早めに出ようと、早寝をがんばるけど、目が冴えてしまって、全然寝られない・・・

準備も出来ているし、前日入りで仮眠して登ろうと、カーシェアの予約を変更。

夜道を走ってきたはいいけど、後悔先に立たず、大弛峠をなめていた(笑)

鹿は5頭ぐらい、タヌキだか小動物多数・・・真夜中の林道を無事に抜けた先には、近年では最高の星空が待っていた。

仮眠をして、日の出とともに登ってきた。

金峰山について

☆駐車場・大弛峠駐車場

朝2:00頃に駐車場に到着。

この時間でも満車に近い・・・みんなどこで泊まっているの?(笑) テン泊か小屋泊の人もいるかな。

林道に路駐もできます。

大弛峠 - 瑞牆山、金峰山、朝日岳の登山口情報。東側には奥秩父で位置的に最も奥深い場所、山地の最高点である北奥千丈岳と国師ヶ岳へと続き、西側には朝日岳へと続く登山口。奥...

☆コース

大弛峠→朝日峠→朝日岳→金峰山(ピストン)

山行: 5時間38分

合計距離: 8.65km
最高点の標高: 2573m
最低点の標高: 2354m
累積標高(上り): 456m
累積標高(下り): 448m

スクリーンショット 2018 04 10 20 40 38

金峰山登山

17 1001 8971

仮眠明けに写真撮ろうと思ったら、あれよあれよと夜明けになってしまって、たいしてキレイに撮れなかった(笑)

17 1001 8987

5:30スタート。10月に入ったばかりだけど、5度ぐらいだったかな。少し肌寒い。

17 1001 8988

今回は地下足袋で登ってみるテスト。

17 1001 8994

森の隙間から太陽が昇ってきて、一気に気温が高くなるのを感じる。あったけ〜

17 1001 9005

バタバタと前夜に出発したものだから、ストックを家の玄関に忘れてきた。

なんかないかなぁと足元を見ていたら、この白樺の杖をみつけてしまった。

中二病を患わせるようなフォルム!(笑)

長さといい、重さといい、まさにわたし専用の杖!! お持ち帰りしようと決める。

17 1001 9008

スタートが標高2,360m

富士さんがみえるだけで興奮する不思議。

17 1001 9003

太陽と一緒に森の中をグングン進んでいく。

17 1001 9020 2

パッカーんと開けた場所での富士さん。

17 1001 9069

足元を見ると凍っている場所が。夜は0度以下になったということ。2000mのお山は冬の足音が聞こえていた。

17 1001 9073

朝日岳のピークを過ぎると、一度降って、登り返す。

尾根の先にチョンと尖っている岩が山頂の五丈石。

17 1001 9084

結構降って、また登り返しかぁ・・・ということは帰りも(笑)

17 1001 9091

間違っているかも知れないけど、たぶんこんな感じ(笑)

登り返すと一気に開けて、360度の景色。

手前のちょっと下に見えるヤバめの岩山が瑞牆山です。

17 1001 9097

ちょっとした尾根を歩いて、先の岩岩ゾーンを抜けていく。

17 1001 9101

最後は岩の隙間をぬっていくような感じで、ルートがわかりづらいけど、山頂に着いたみたい。

17 1001 9108

過去最短記録の8時に山頂に到着(笑)

五丈石はネットの写真で見た以上に大きかったです。なんでこんなところにこんなのが的な。

17 1001 9116

地下足袋は防御力ゼロでしたが、登りやすさでは一番!

4Kタイムラプスを作ってみた

D750は4K動画は撮れないですけど、4Kに必要なサイズ(3840×2160ピクセル)は撮れるので、それを繋ぐと4Kタイムラプスになります。

17 1001 9530

ご飯食べて、コーヒー飲んで、山頂で撮影しながら、まったりと。

この日は少し風があって、次から次へとガスが山頂を移動していく。

まったく先が見えないほどにホワイトアウトしたかと思ったら、10分もすると青空に。

『今日はガスってるわ』と山頂を踏んで、さっさと下山する人もチラホラ。ほんの10分早くか、10分待っていれば、絶景が見られたのに。

そんな人間模様も観察していたら、2時間半近く山頂にいた(笑)

17 1001 9542

来た道をもどるだけ。

17 1001 9544

振り返ると八ヶ岳がいる。

17 1001 9549

下降点まで戻って、山頂を見上げるとスッポリと雲で覆われていた。

この日は気温があがってガスが増えるばかりで、晴れることはなかった。

普通の時間に登っていたら見られなかった絶景。

17 1001 9551

行く手も真っ白。

同じ日に同じ山に登っても、時間によって明暗がわかれるんだなぁと勉強になった一日。

17 1001 9557

登山道はしっかりとしていて、標高は高いけど、安全なルート。

17 1001 9553

杖と地下足袋で無事にクリアー。

17 1001 9566

ヒルクライムの名所らしく、街から30kmぐらいの坂道を、自転車で登ってくる人たちが続々と・・・

17 1001 9568

駐車場は満車で、下の道まで路駐が続いていました。

17 1001 9569

本当はサクッと金峰山をクリアーして、隣の国師ヶ岳も登る予定でしたが、満足し過ぎちゃって、またの機会に(笑)

17 1001 9571

駐車場からすぐにテント場があるので、次からは前日の明るいうちにきて、テン泊してから登るのがいいなと思いました。

17 1001 9572

ちょうどお昼だったので、大弛小屋むかってみる。

17 1001 9574

ピンバッチを買って、カレーをいただく。うまかった、げふ。

17 1001 9579

注意人物(笑)

まとめ

17 1001 9477 2

10月とはいえ2000m越えは最高気温が10度を切る。動いていると気持ちいい気温ですが、ジッとしていると普通に寒かったです。持っていった防寒着(フリース・ダウン・ウインドシェル)を総動員させてやっと(笑)

大弛峠へは塩山駅から観光バスと乗り合いタクシーでもいけますが、朝一着が8:50です。そこから登りのコースタイム2時間30分。ちょうど昼ぐらいですよね。

山岳路線バスや観光路線バスなど、山梨を中心に観光運輸業を1981年より創業する株式会社栄和交通のバス紹介ページ。時刻表や運賃表、WEB予約など。

2000m越えのお山はガスが発生しやすいので、気温が低いうちに登れるといいかもですね。

行きも帰りも平らなところやほどよいアップダウンもあって、トレッキングには最適な山でした。

登山口までのアクセスは大変ですが、登山をしているなら、一度は行って欲しい山です!

■使用カメラ&レンズ
Nikon D750 / 
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED