Adobe Lightroom CCの自動補正がAI搭載でバージョンアップ

0202

愛用している写真編集ソフトのAdobe Lightroom CCの自動補正がAI搭載でバージョンアップした。

カメラ界隈ではまったく話題になってない(笑)
いつもならLightroomがバージョンアップすると、すぐに取り上げるブログでさえも話題にしてない・・・

 米Adobe Systems Incorporated.は12日(現地時間)、デジタル写真の画像処理・管理ツール「Adobe Lightroom CC」の2017年12月アップデートを発表した。

今回のアップデートでは、自動補正機能を一から再開発。同社の機械学習技術“Adobe Sensei”がユーザーの写真を分析し、プロが編集した数万点の写真と比較しながら、より美しく補正するようになった。この自動補正機能はデスクトップ向けの「Adobe Lightroom CC」だけでなく、「Lightroom Classic CC」、iOS/Android/Web版「Lightroom CC」、「Adobe Camera Raw」でも利用が可能。

これ、ものすごいことだと思うんだけど。

試したモノをみてもらおう。

元画像

17 1001 9586 3

基本的に白飛びしないようにアンダーめで撮るようにしている。

白く飛んでしまうとそこには情報がゼロで、補正のしようがないから。
暗く撮ったモノは情報があるので、明るくすればいいだけなので。

これを旧バージョンの5で自動補正をクリックしてみる。

Lightroom 5で補正

17 1001 9586 2

なんていうのかなぁ、全体的に白っぽくなるだけ。

記憶が確かなら、バージョン3ぐらいまでは実用的だったような気がしたんだけど、使い物にならなくて自動補正は使わなくなっていた。

Lightroom Classic バージョン[1148620]で補正

17 1001 9586

ええやん( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )

無難な王道って感じの補正。

これをベースに、自分なりに味付けしたらいいかなぁと。

ちなみにわたしの好きな感じHDRぽい感じ

17 1001 9586 4

彩度高めで、コントラスト低く、明るい感じのキヤノン風が好き(笑)

使っているカメラはニコンだけど、補正1つでいろんなコトができるのがニコンは好き。

写真って、補正1つでこんなに変わるんですよね。

これでAIも進んできたら、ユーザーの好みに合わせた自動補正なんかも出てくるでしょうね。

■使用カメラ&レンズ
Nikon D750 / 
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED