素晴らしい治療家って、どんな人?→○○○○を感じられ、大切にする人

ナニがみえますか?

『まつだ先生にとっての素晴らしい治療家って、どんな人ですか??』

最近、施術方針や治療の話をブログで書いていたので、患者さんとそんな話になって、『素晴らしい治療家』の定義ってなんですか?みたいな質問を受けました。

ボクはこうと答えました。

『みえないモノが感じられて、それを大切にする人ですね』(ドヤ顔)

『└|∵|┐└|∵|┐└|∵|┐(・ω・)(・ω・)(・ω・)』

一瞬、この先生大丈夫かいな?的な感じで、院内が真冬のアラスカになりましたが、その後の説明を聞いて、(・ω・)→(゜ω゜)クワッ!となってました(笑)

別に幽霊がみえるとか、スピリチュアルとか宗教の話ではないです。

例えば、みえないモノとは。

患者さんの気持ち
身体が発する声なき声
信頼関係
ボクと患者さんの間
距離感
世間・地域の声
心意気(粋)

おもてなしの心
起承転結(春夏秋冬)
過去・未来
無条件の愛
暗黙知
空気を読む
ノンバーバルコミュニケーション
・・・

こういうのが『みえないモノ』だと思うのです。

ボクたち日本人が昔から大切にしてきたモノ。

日本の生活や心の底に脈々と受け継がれているモノ。

ついついなにかを付け足そうと足りないモノ、目に見えるモノを探そうとしてしまうけど、自分の中にあるモノを練る・磨く・研ぐ・締める・絞る・削る・・・そうやって鍛錬を繰り返していく。

技術は当然として、人間力溢れる存在。

『みえないモノ』を感じて、大切にする人が素晴らしい治療家かな、と。

患者さん、(・ω・)→(゜ω゜)クワッ!っとなっていましたけどね(笑)

まぁボクも偉そうに書いてますが、完全に受け売りです(謝)
方向性だけは定まっていて、まだまだ全然ですが(笑)

そんな治療家に、ボクはなりたい。

※最初の画像に『赤ちゃん』がいるのがわかりましたか?
そこにあるけど、みえないモノ・・・奥が深いですよね。

スポンサーリンク