ついに完結!マンガ【昭和元禄落語心中】最終10巻

6年の連載が終わって、昭和元禄落語心中の10巻が発売された〜

話題になっていたので、ずっと読まずにいた作品だったんだけど、今年の1月からアニメ化されて、アニメで落語をするってことで豪華声優陣が結集して、とてもよかったんだけど、後編のシリーズは2017年1月から放送・・・

というわけで手を出してしまったらさいご、グイグイと読み進めたけど9巻まで・・・

やっと本日発売。読み終えました。

おもしろかった〜

今までの伏線がキレイに回収されて、まるで落語を聞いてるよう感覚。お後がよろしいようで。

アニメ化の前から、若手の噺家さんががんばっていて、新宿末廣亭などの寄席や、渋谷らくごみたいな落語会なんかも大人気みたい。

あたしも上原落語会のスポンサーをしてるので、2ヶ月に1度は落語を聞きに行くようになりましたが、毎回おもしろい。笑える話だけではなく、前回なんてホロッとするような話もあって、笑わせるのか、聴かせるのか。落語は同じネタでも噺家さんによってちがうし、場の雰囲気ってーのもあり。真打ちになりますってーと、こうグワっと一気に客席の空気を掴んでしまうわけですね。あれよあれよと自然とみんな笑ってる。

アレってホントスゴいことで、治療院でもどうやって痛みを取るかより、どうやって笑いを取るかを考えている身としては勉強になります(笑)

CrJmN5gUkAQ1bG

スポンサーリンク