整体師おすすめの入浴剤は『エプソムソルト』炭酸泉とビタミンCもね!

12 21 16450

美容の世界を中心に流行っている『エプソムソルト(硫酸マグネシウム)入浴』ですが、元々はオステオパシー(海外の整体法)で治療とあわせて、デトックス目的で使われていました。

え? 大丈夫?ってぐらいに汗がドバドバでます。エプソムソルトをまとめてみました。

いきなりまとめ

エプソムソルトを300g入れる。毎日入ってもOK

塩素対策は『ビタミンC』(アスコルビン酸ナトリウム)を1〜2gを毎日

クエン酸+重曹を各300gで『炭酸泉』になる。ただし週1〜2回ぐらい

すべての材料はネットでキロ単位で大人買いすると激安

エプソムソルトは、「ソルト」でも「塩」ではない!

エプソムソルトやばいです。

身体の温まり方、疲労の抜け具合、どれをとってもいい感じ。

ソルトとはいっても塩ではないです。

海水の約96%は水で、残りの約4%がミネラルです。
このミネラルの6%に硫酸マグネシウムが含まれています。

エプソムソルトは海のミネラルのひとつ、「硫酸マグネシウム」が成分なんです。

「硫酸マグネシウム」って、怖ろしげな名前ですが、ほとんどの市販の入浴剤(バブとか)に含まれている成分です。

あのツムラも研究結果を発表してますね。

ツムラ ライフサイエンス株式会社(本社:東京都港区 社長:古賀和則)は「足のむくみに対する硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴の有効性」を客観的に検証し、以下の効果を実証しました。

足のむくみに対する硫酸マグネシウム含有炭酸ガス入浴の有効性を客観的に実証

エプソムソルトの使い方

エプソムソルト(硫酸マグネシウム)300gを入れるだけ。

以上(笑)

ネットで買うとめちゃ安いのもおすすめポイントです。

なんと、2.2kgで1000円(笑)

コスパ最強の入浴剤(^_^)/

3年ぐらい毎日入っていますが、今のところ健康被害はありません(笑)

新規参入のニチガがオススメ!!

クエン酸+重曹で『炭酸泉』

クエン酸と重曹を各300gを入れると『炭酸泉』になります。

バブなんて目じゃないぐらいの炭酸が発生して、腕をみると産毛にビッシリと炭酸がつくぐらい。

炭酸効果で、湯冷めもしにくくて、冷え性対策にはすごくよいです。

『炭酸泉』は週1〜2回ぐらい

ただ、これはボクの感覚ですが、重曹の洗浄力が強いので、毎日入ると肌がかさついてきます。

週1〜2回ぐらいが妥当かなぁと。

こちらもネットで買うと激安!!

重曹は5kgで1,590円
クエン酸は5kgで2,595円

塩素対策は『ビタミンC』

意外に知らない、塩素の害と対策です。

水道水には「塩素」と「次亜塩素酸ナトリウム」が含まれています。

漂白剤(ハイターとかトップなど)にも入っているのが「次亜塩素酸ナトリウム」。

お風呂に入るのは「薄まった漂白剤に、つかっているのと同じ」なんですね。

そりゃー、普通にお風呂に入っていたら、髪の毛やお肌もカサカサしてきます。小じわの元なんていう報告もありましたね。

1986 年の米国化学学会では、シャワーを浴びたりお風呂に入ると呼吸ならびに皮膚吸収により塩素が体内に取り込まれ、その摂取量は水道水を飲んだ場合のそれと比較すると、6 ~ 100倍と高く、人体への影響は無視できないと報告されました。

塩素は気化しやすいため(25℃でガス化)、シャワーを浴びる過程でガス化した塩素を、狭い浴室で吸引することになる。

塩素の濃度も、季節や場所(浄水場からの距離)によってもちがいます。
塩素投入量の下限は決められていますが、上限の規定はなし(笑)

引っ越ししたら、皮膚アレルギーが出たなんてこともよくある話。

『ビタミンC』の使い方

ビタミンC(アスコルビン酸ナトリウム)を1〜2gぐらいで中和されます。

1ccの計量スプーンもついて、300gで980円!!

喫茶店等で出てくるレモン水は、残留塩素を除去する効果とレモンの風味で水に爽快感をつける効果の2つを同時にねらったものです。

ぜひ、この冬は入浴剤を変えて、お風呂を楽しんでくださいね(,,゚Д゚)∩

■使用カメラ&レンズ
Panasonic Lumix GX7 / 
G 20mm/F1.7 II ASPH.

スポンサーリンク
おすすめ記事

おすすめ記事