クラシカルオステオパシーからのひつまぶし

シンプルなことを、徹底的に突き詰めて、積み重ねる。

毎日、うなぎをさばき、焼いて、出す。

毎日決まったルーチンワークの中で、洗練され、深みを増して、それを食べる人によってドラマが変わってくる。

まるで、ひつまぶしのようと言ったら、クラシカル関係者に叱られそうだけどm(__)m

酒造りの杜氏、パン職人などにも通じる、やることして、あとは自然にまかせる。

クラシカルオステオパシーの概要を、一連の実技と共に紹介していただいて、すごく魅力を感じました!

シンプルすぎるからこその奥深さ。○○療法でも感じた、治療の本質と理を感じました!

存在自体は7年前から知ってましたが、なかなか縁がなく…… 鉄人先生が講師でやってくれるみたいなので、楽しみに待とうかと思います(^○^)

スポンサーリンク