今日の人気記事

まだデータがありません。

【笠取山】水源の森とジャンプ台のような登山道

000登山

2017年11月6日、奥秩父の主稜攻略というわけで、埼玉と山梨の境にある東京都水源の森に、分水嶺の山として立つ笠取山にいってきました、標高は1,953mとなります。

10月は予定があって、ちょっと紅葉は出遅れたかなぁぐらい。

ここも素晴らしいコースでオススメの山ですよ。

パッと読むための見出し

笠取山について

☆駐車場・作場平駐車場

朝8:00頃に駐車場に到着。

20台ぐらいは止められるかな。バイオトイレもありました。

作場平 - 唐松尾山、笠取山の登山口情報。唐松尾山、笠取山登山の基点となる登山口。とくに唐松尾山は多摩水源最高峰でありながらも、南の山腹につけられた歩道を歩く人が...

☆コース

作場平駐車場→ヤブ沢峠→笠取小屋→小さな分水嶺→水干→小さな分水嶺→笠取小屋→ミズナラ林のコース→作場平駐車場

山行: 4時間59分

合計距離: 10.41km
最高点の標高: 1916m
最低点の標高: 1326m
累積標高(上り): 632m
累積標高(下り): 641m

スクリーンショット 2018 04 11 18 07 18

笠取山登山

17 1106 1016

都内は日中20度、最低が8度と肌寒くなってきた感じの10月。

山に登るにはちょうどいい気温。

スクリーンショット 2018 04 11 18 27 05

ナビさんの指示に従って、勝沼インターを降りて、大菩薩の入口を通り過ぎ、山梨側から411号線で向かう。

ヘビーな山道(^^;

帰りは一ノ瀬高原キャンプ場から丹波山に抜ける山道を使ったけど、こちらの方が道はよいです。

山梨側から行っても青いルートがオススメですね。

17 1106 1025

すれ違いもせずに駐車場に到着。

バイオトイレがありました。

17 1106 1020

新しい靴を投入。前回の地下足袋登山がとてもよかったけど、下山でホールド感が弱く、つま先にズレる感じがあったので、紐靴タイプで足袋型のシューズがないものかと探したら、トレランシューズでありました。

日本の岡本製甲と共同開発したトレイルランニングシューズ
RaidLightのTrail Dual Finger

別でレビューしますが、コースタイムも一番速くて、過去最高に足が痛くないシューズでした。

17 1106 1024

看板でコースの確認。

17 1106 1030

スタートからは沢沿いを歩いて行く、気持ちのいいコース。

17 1106 1032

終わりかけの紅葉でしたが、十分に楽しめるレベル。

17 1106 1037

お天気もよくて、せせらぎを聞きながら、気分はMAXに。

ここのコースは木道も整備されていて、とても歩きやすいコースです。

17 1106 1043

これが都民の水になるのか。

17 1106 1050

ヤブ沢峠を越えると林道に入る。木の隙間から富士さんが!!

17 1106 1052

笠取小屋に到着。

あれ?こんなところまで車であがってこれるのか?

水道局の職員さんがあがってきて、作業をされていました。

17 1106 1054

ここは地面もふかふかだし、水場もあって、テント泊はいいかもなぁと。

涸沢デビュー前にここでテント泊の練習する予定でした。

紅葉の時期は、すでに小屋は閉まっていましたが、3組ぐらいがテントしてました。

泊まるだけなら、登山口途中にあった一ノ瀬高原キャンプ場の方が焚き火も出来るしいいかなと。

17 1106 1055

小高い丘みたいなところに小さな分水嶺。

17 1106 1062

多摩川、荒川、富士川とわかれるらしい。

17 1106 1057

三角ポイントに立つ。

17 1106 1056 2

下にばかり気を取られていたけど、見上げると凶悪な坂道がみえた(笑)

あれがウワサのジャンプ台のような登山道か・・・

17 1106 1065 2

近づいていくと凶悪さが増してくる(笑)

17 1106 1068

こればっかりは写真じゃ伝わらないなぁと。

ドンドン傾斜が増していく(笑)

17 1106 1069 2

横を見ると、富士さん!!!

17 1106 1073

この日は水墨画の世界でした。

17 1106 1088

無事に山頂に到着。

結構狭い山頂なので、お昼ご飯は笠取小屋まで戻ることに。

17 1106 1098

終始富士さんがみえて、気持ちいいコース。

17 1106 1100

山頂を越えて、水干に向かうと細尾根の切れた場所などあって、慎重に進む。

だいぶ怖くなくなってきたなぁと。油断禁物で。

17 1106 1108

好天続きだったせいか、最初の一滴は枯れていました。

17 1106 1111

あとはひたすらゆったりとした山の中歩き。

17 1106 1114

瑞牆山から奥多摩駅までの、奥秩父主脈縦走路。

70kmぐらいあって、4泊ぐらいかかるみたいな。いつかチャレンジしてみたい道。

17 1106 1117

笠取小屋に戻ってお昼ご飯。

眺めもいいし、テーブルもあります。

17 1106 1121

笠取小屋から少し降ったところにある水場。

17 1106 1128

もっふもふの落ち葉の道が気持ちいい。

17 1106 1134

忍者シューズは、過去最高に快適でした。

17 1106 1135

将監小屋への登山道。ここから片道10km先に奥秩父でもっとも行きにくい和名倉山がある。日本に百名山、関東百名山の山でもあるので、いつかチャレンジします。

17 1106 1137

下山して、丹波山村は紅葉が見頃でした。

17 1106 1139

丹波山温泉のめこい湯でひとっ風呂。

17 1106 1149

駐車場から橋を渡って、館内に入って財布を忘れたことに気がついて、また戻るという(笑)

17 1106 1157

夕方近くまでダラダラしてました。

国道411号(青梅街道)を八王子まで。この道も何回も通っているけど、長い長い下道なんだよなぁと(笑)

今度はテント泊して、ゆっくりしたい笠取山でした。

■使用カメラ&レンズ
FUJIFILM X100F