院長プロフィール 患者さんの声 整体の流れ 整体の料金 よくある質問 アクセス

img05
なんとなく最近胸やけがひどい、胸のあたりが苦しいと感じたら逆流性食道炎かもしれません。




逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎という病気は一体どんな病気なのか?
これから詳しくお話ししていきます。

日本人の発症者は少なかった

逆流性食道炎は、以前は日本人に少ない病気だといわれていました。

しかし、時代が進むにつれて食生活の欧米化が進み、逆流性食道炎を発症する人が増えてきたのです。

最近では高齢者だけではなく、若い世代の人にも増えているので、世代に関係なく注意が必要です。

逆流性食道炎は、胃から胃酸が逆流することで食道に炎症が起こる病気です。

ですから、例えばゲップをした時に、なんとなく酸味が強い匂いがゲップから漂ってきたならば、逆流性食道炎の疑いがあるか、逆流性食道炎になりかけている可能性があります。

ちょっとした胸やけだろうと安易に考えていると、次第に症状が悪化して大変なことになることもあります。
そうなる前に、あまりにも頻繁に胸やけが起こるようであれば、まずは病院で検査を受けましょう。

一度なると再発しやすい

逆流性食道炎を自己流で治そうとして、単に胃腸薬を飲んで済ませている人がいます

様々な事情でなかなか病院に行けないのだと思いますが、仮に自己流で逆流性食道炎が治ったとしても、それは一時的なものです。

逆流性食道炎は、一度発症すると何度も繰り返す可能性が高いのです。

完全に治し、原因もしっかりと見つけておかなければ繰り返し発症することで、食道ガンになる可能性も高くなります。

まずは病院で検査

単なる胸やけで大げさな…と考えてしまう人も多いようです。

一度、二度くらいの胸やけならともかく、それが何度でも続くようであれば病院に行って検査をして、完治させるように心がけましょう。

胸やけが長引くと美味しいものも美味しく食べられなくなってしまいます。
それによって心や体にも悪い影響を及ぼすことになります。




逆流性食道炎の原因とは?

なぜ、胃から胃酸が逆流するのか、とても気になりますよね?

どういったことが逆流性食道炎の原因となるのかをここで詳しくご説明します。

偏った食事、暴飲暴食

逆流性食道炎の原因で最も多いのが偏った食事です。

また、食べ過ぎ飲み過ぎにも充分に注意しなければいけません。

まず、脂質の多い食べ物ばかりを食べていると胃で消化をする時にたくさんの胃酸を必要としてしまうために、その胃酸が逆流を起こしやすくなるのです。

これは食べ過ぎや飲み過ぎによっても起こります。

また、脂質が多いものばかりを食べていると、脂肪を分解しようとしてコレシストキニンというホルモンが大量に分泌されます。
コレシストキニンは胃と食道のつなぎ目にある下部食道括約筋をゆるめて、暴飲暴食や脂質の多い食べ物を摂り過ぎることで膨張してゆるみます。
それが空腹時になると、下部食道括約筋が胃酸を逆流させるようになり逆流性食道炎を引き起こします。

また、高タンパク質を摂り過ぎることでも逆流性食道炎を引き起こします。
高タンパク質の場合は、消化に時間がかかることで胃に負担をかけ、胃酸もたくさん分泌させるために胃酸が逆流しやすい状態となるのです。

喫煙やアルコール

喫煙やアルコールは、ほとんどの場合、健康に悪影響を与えるものですが、やはり逆流性食道炎の原因としてもあげられています。

アルコールが胃の中に入ると、コレシストキニンというホルモンが大量に分泌されます。
コレシストキニンには、下部食道括約筋をゆるめる作用があり、それによって空腹時に胃酸が逆流しやすくなるのです。
コレシストキニンは、脂肪分を分解させる時に分泌されるホルモンであり、脂質が多いものを食べ過ぎた時と同じようなメカニズムで胃酸が逆流しやすくなります。

そして、喫煙の場合は、タバコの煙を吸い込むことで胃酸を多く出してしまい、胃酸が逆流しやすくなってしまうのです。
タバコは食道の粘膜にも悪影響を与えます。
タバコには、ニコチンや有害物質が含まれていますね。
それらの物質が食道に付着して、食道の粘膜にダメージを与えてしまい、食道は炎症を起こしやすい状態となってしまうのです。

ストレスをためこんでいる

逆流性食道炎とストレスも実は関係しています。
ストレスがたまってくると胃酸が増えます。
よくストレスがたまっていると胃が痛くなると言いますが、それは胃酸が出すぎているのと胃の機能も低下しているからです。

胃酸が多くなるだけでは、逆流性食道炎にはなりにくいのですが、それと併せて食道と胃の間にある下部食道括約筋の機能も低下するために、胃から胃酸が逆流しやすくなります。

加齢、背中が丸い

年齢を重ねると、体のあちこちの機能が低下しますが、食道と胃の間にある下部食道括約筋の機能も低下するのです。

食道のぜん動運動も低下して、唾液も量がかなり減ってしまうことから、胃で発生した胃酸が食道に逆流しやすくなるのです。

加齢によって背中が丸くなったり、若くてもデスクワークが多いことで猫背になっている人は、それによって胃が圧迫されやすくなります。
胃が圧迫されると、胃圧が高くなり胃酸が逆戻りしやすくなるのです。

妊娠、肥満、便秘による腹圧の上昇

妊娠、肥満、便秘によって腹圧が上がり、胃酸が逆戻りしやすい状況ができてしまいます。

同時に、締め付けが強い下着を普段から着用しているために腹圧が高くなって逆流性食道炎になる人も多いです。

逆流性食道炎の症状とは?

逆流性食道炎の症状は、胸やけだけではありません。

これも逆流性食道炎の症状なの?と思ってしまうほどの症状もあります。
そんな意外な症状もしっかり知って、早期発見できるようにしておきましょう。

胸やけ、唾液が酸っぱい

一番多い症状が胸やけや酸っぱい唾液が出る症状です。
唾液が酸っぱいのは、胃酸が逆流している証拠です。
胃酸と言うくらいですから酸味が強くそれによって酸っぱいと感じるのです。

胸やけは食道が胃酸によって荒らされて炎症を起こしている症状の表れです。
しかし、これはまだ初期症状で、もっと状態が悪化すると意外な症状が次々と現れてくるのです。

胸が締めつけられるように痛い

逆流性食道炎の症状がひどくなってくると、今度は胸やけだけでは済まずに、まるで狭心症のように胸がしめつけられて苦しくなります。
呼吸器系の病気かと思っていたら、病院に行くと逆流性食道炎だとわかり驚く人も多いです。
胸が締めつけられるような違和感や痛みがあること自体、体に異変が起こっているということですから、すぐに病院に行くようにしましょう。

咳や喘息で苦しい

逆流性食道炎の症状には咳や喘息もあります。
こちらも呼吸器系の病気だと思ってしまいそうな症状ですが、実は逆流性食道炎の症状なのです。

咳が出るのは、食道だけではなく胃から逆戻りした胃酸が喉や気管支にダメージを与えるからです。
食道の粘膜からの刺激もあって咳が出ることも考えられ、気管支が元々弱い人は、喘息にまで発展してしまうこともあります。
ここまでの症状になると、日常生活にも影響が出てくるので大変です。

喉が痛い、声が枯れる

咳や喘息の場合と同じように、胃酸が逆流したことで喉や気管支が荒らされて、喉が痛くなったり、声が枯れてしまうという症状もあります。
喉が痛いというと風邪だと思いがちなのでわかりにくいですが、あまりにも症状が長引くようであれば病院に行く方がいいと思います。

胃酸が逆流することで必ずしも、食道だけが影響を受けるのではありません。
近くにある喉や気管支にも影響が及ぼされるので、呼吸にまで影響が出てくることになります。

逆流性食道炎が喉や気管支に影響するなど考えにくいので、なかなか逆流性食道炎の症状に気づくのが難しいと思いますが、そうした症状も頭に入れておくことが早期発見につながるのです。




逆流性食道炎の西洋医学での診断と治療

逆流性食道炎の治療はほとんどが薬物治療によるものです。

食生活や生活習慣を見直すことも大事です。

ここでは、西洋医学での逆流性食道炎の治療をご紹介します。

薬の服用による治療

逆流性食道炎がどれくらい進行しているかによって変わってはますが、胃酸がかなり逆流している場合は、まず逆流をおさえるための薬を服用して治療を行ないます。

病院に行くと、症状を細かく分析した上で、症状に適した薬を処方してもらえるので、それを服用しながら食生活の改善や生活習慣の見直しなどを行なっていく形となります。

逆流性食道炎の治療に使われる薬には主に2種類があります。

ひとつはプロトンポンプ阻害剤

もうひとつがH2ブロッカーです。

プロトンポンプ阻害剤は、胃酸を分泌する組織であるプロトンポンプの働きをしずめて胃酸の分泌をおさえる薬です。

H2ブロッカーは、胃の中にあるヒスタミン物質とH2受容体が結合するのを防ぐ薬で、それによって胃酸の分泌をおさえます。

こうした薬を使うことで、まずは過剰分泌している胃酸をおさえることで逆流を防ぎ、食道の炎症をしずめて行こうという方針の治療方法です。

食生活の見直し、改善

逆流性食道炎の症状がどれくらい進んでいるかによって、薬を使うか使わないかが変わってきますが、それよりもまず原因をつきとめて、原因を改善して行くことが大切ですね。

一番影響として考えられるのは、食生活です。

脂っこいものばかりを食べていないか?高タンパクなものばかりに偏っていないか?
野菜はちゃんと食べているか?
栄誉バランスは取れているか?

などの分析がまず必要となってきます。

通院での治療では、栄養士とともに食生活を見直して改善して行くという治療方法があります。
また喫煙やアルコールなど、場合によっては控えないければいけないこともあります。

あとは、生活習慣ですね。

睡眠不足が続いていないか?
それによってストレスをため込んでいないか?

などの分析をしながら改善方法を見つけていきます。

猫背の改善

例えば、猫背が関係している場合には、猫背を改善すると言った治療方法が用いられます。

病院では猫背矯正ベルトなども用意していることがありますので、猫背矯正ベルトを装着して猫背を改善し、逆流性食道炎の改善に向けて行くという方法です。

運動不足を解消する

肥満の場合、逆流性食道炎に確率も上がるというデータが出ていますが、もうひとつには服や下着の締めつけが強くなることで、腹圧が上がり胃酸が逆流しやすい状況ができてしまうということが考えられます。

肥満の原因は。食事によるものでもありますが、単純に運動不足も考えられます。

ストレスを解消するためにも、週に3回程度でもいいので、30分以上の有酸素運動をして減量に努めて行きましょう。

また、食べ過ぎて体重が多いと言う人は、栄養バランスが取れている中で、カロリー制限も行なって行く必要があります。

手術が必要になることもある

逆流性食道炎は、あまりにもひどくなると手術が必要なこともあります。

最初はプロトンポンプ阻害剤やH2ブロッカーなどの薬の服用が必要ですが、もしもそれらの薬が効かなかった場合に、胃酸をおさえるのが難しくさらなる悪化が考えられるので、手術が必要となってくるのです。

胃と食道の間にある下部食道括約筋が極端にゆるんでしまっていると、薬だけではなかなか改善できません。
そこで手術をすることにより下部食道括約筋のゆるみを改善するのです。

この手術は、全身麻酔をして行なわなければいけなかったり、体への負担も結構あります。
もちろん入院もしなくてはいけないので、大変です。

そこまでの症状になるまでには、かなり時間がかかり、早くに病院に行っていれば手術をするところまではいきません。

当院の逆流性食道炎に対する治療の特徴

逆流性食道炎は、放置していると食道ガンの原因にもなるので、軽視せずに対策をとる必要があります。
まずは病院で検査をして、診断を受けてください。

しかし、病院で治療してもなかなか不快な症状が治まらないこともあります。

西洋医学では思うように治らない。
薬で対処するのではなく、根本から身体をよくしていきたい。

そんなあなたには、整体という方法もあります。

整体では、逆流性食道炎になりやすい猫背姿勢の調整だけに限らず、身体全体のバランスを取ることにより、横隔膜のねじれや噴門部のゆるさを改善することで、荒れてしまった胃を回復させやすくして、結果的に逆流性食道炎を改善させることができます。

当院では胃腸の消化器に特化した治療も行っています。

他の整体で効果がなかったという方でも、レベルの高い治療で改善できる可能性が十分にあります。

バレット食道と診断された方へ

食道内部の粘膜は「扁平上皮」で作られています。
胃の粘膜は「円柱上皮」で作られています。

逆流性食道炎が慢性化すると食道に胃液が頻繁に入り込むため、食道の扁平上皮細胞の破壊と再生を繰り返し、最終的には胃液に対応しようと円柱上皮に近い組織に変異します。

食道の一部が炎症を繰り返すことで、胃に近い細胞へと変化してしまうのですね。

この食道の変異を「バレット食道」と呼びます。

バレット食道は胃に近い組織といっても胃と同じではなく粘液層もありません。

あくまで近い組織にしか変異しないため、慢性的な炎症は繰り返されるままです。その炎症が細胞のがん化を引き起こしてしまいます。

バレット食道が3cm以上になると食道がんのリスクが10%向上するといわれており、またバレット食道を持っていない人と比較して10倍リスクが高いとの指摘もあります。

バレット食道と診断された方は組織に変異が起こっているので、バレット食道を持っていない人と比較して、施療や回復に時間がかかります。
一般的にも、バレット食道がある方の整体施療はお断りになるケースが多いようです。

当院でもバレット食道がある逆流性食道炎に関してはケースバイケースで、施療前のお電話だけではよくなるともお断りするともいえません。
2回ぐらいの施療の効果で、継続するかを判断していただいております。

逆流性食道炎の治療中のアドバイス

食事の改善とリズム運動をオススメしてます。

逆流性食道炎の食事

胃への負担を減らして、荒れてしまった胃が自然に回復しやすくなる食事が基本となります。

・積極的に摂りたいモノ

・ムチン
オクラ、納豆、山芋、めかぶ、レンコンなど、ネバネバ系の食事です。
食道や胃の粘膜を保護する役割があります。
特にオクラは効果的です。毎日摂りましょう。

・カロチン
色の濃い野菜、人参、パプリカ、チンゲンサイ。

・野菜スープ
くたくたに煮込んだ野菜スープか味噌汁。

・ヨーグルト
粘膜の保護と便秘解消です。

・重曹水

重曹を小さじ1を、コップ1杯の水に溶かして飲む。

胃酸過多による胃痛やむかつきを感じたときに効果大。

・避けたい食事

・甘いもの
・脂っこいもの
・お茶(紅茶、緑茶、ミントティー)・コーヒーの飲みすぎ(カフェインが×)

これら3つは、胃酸を過剰に分泌します。
特に砂糖は避けていきたいですね。

・消化の悪いもの(繊維が多い野菜:芋、セロリ、刺激が強い野菜:玉ねぎ、にんにく)
・生野菜(蒸し野菜がオススメです)
・柑橘類
・炭酸飲料(ゲップすると胃酸が上がってくる)

リズム運動(通勤・ウォーキング)

『吸って吸って、吐いて吐いて』 (2回で吸い上げ、2回で吐き出す) のリズムに乗って歩きながら、一歩吸って二歩吸って、三歩吐く四歩吐く。

こういすることで、精神を落ち着けるセロトニンというホルモンが分泌されやすくなります。

当院にこられる患者さんはノルアドレナリン過剰で興奮されているか、
ドーパミンの中毒で無理をしがちな人が多くみられます。

セロトニンを分泌することで、バランスが取れ、胃が回復しやすい状況を作ります。

ノルアドレナリン
緊張や不安、集中、積極性をもたらし、ストレスに打ち勝とうとするときに働く。
過剰になると攻撃的になったり、ヒステリーを起こしたり、パニックになったりする。

ドーパミン
喜びや快楽、意欲をもたらす働きがある。
過剰になると過食や買い物依存、アルコール依存になったりする。

セロトニン
アドレナリンとドーパミンの2つが過剰になって暴走しないように、調節している。
ストレスがかかると放出されるノルアドレナリンは、自律神経に働きかけて心拍数を上げたり、血液量を増やしたりして、活動しやすい状態をつくる。
一方、ストレスになるようなツライ状況を乗り越えたときの達成感、うれしい気持ち、つまり快感をもたらすのがドーパミン。
この2つをコントロールして、気持ちを安定させるのがセロトニン。
vol01_1

当院の逆流性食道炎の整体とは?

施術方針

どんな症状でも真っ直ぐに立つように調整します。

当院の施術では、基本的に痛いところではなく、足から全身の骨格のズレを整え、身体の歪みをなくし、真っ直ぐに立つように調整します。

なぜなら、土台である足から全身は繋がっているからです。

その場で魔法のように全部の痛みを取るのが目的ではありません
足から整え、全身が動きやすくなることで、身体が自発的に良い方向に変化していくお手伝いをするのが整体の目的です。

軽いものであれば、その場で痛みやコリがスゥーーっと取れるので不思議がられます。土台を整えるとはそういうことなんです。

どんなに詳しくお話を聞いても、細かく検査をしても、今の状態(ゆがみ)しかわかりません。

客観的に観て、どうしてそうなってしまったのか?の根本原因が初回ではわからないのです。

人の数だけ原因があり、臨床例や経験などから推測するものでも、最低でも10個以上は思いつきます。

そこで、最短で良くなる方法として、

【どんな症状でも真っ直ぐに立つように調整して、次回にどこが崩れるかをみて再調整】

というやり方をしています。

初回ですっかり良くなったとしても、表に出ている症状がよくなっただけで、根本原因がよくなっている保証はありません。

2回目は、初回の調整をした結果、身体がどのように崩れるかの差をみます。

このように、症状の原因、原因の原因、戻す原因を施術していくことで、マイナスからゼロに戻す施術を行います。

3回〜6回以降は通院間隔も徐々に延ばしていきます。

目標は、その状態が3ヶ月ぐらい安定継続して、気にならなくなったら、ひとまず卒業。という感じです。

その後、ゼロからプラスにしたい人は、継続して、次の治療計画に進みます。

普通に生活をするぐらいでしたら、ゼロに戻した時点で終わりとなります。

整体施術をして、バランスよく立てるようになると『こんなに軽いんだ』と思うほど楽になります。

マッサージや他の整体とは違う効果を実感していただけるはずです。

かたこり整体院の施術方針

健康とは、健康を意識しないでいられる普通の状態です。

どんな人の身体も、痛くなっても、疲れても、寝たら治る。
痛くなりにくい。疲れにくい。

安定した身体があると起こる自然な回復現象です。

健康を気にしないことで、余裕が生まれて、本当にやりたいことを楽しめます。

人間は、「身体」が健康になると、人生を楽しむことができます。

痛み・コリ・ゆがみが解消するだけではなく、
『できないコトができるようになる』整体院。

あなたがごきげんで楽しく暮らしていけるようにお手伝いをしています。

あなたの『できないコト』はなんでしょう?

『こんなことができないんだけど?』とお気軽にご相談ください(^ω^)

○○の症状ですが、治りますか?

様々な情報や治らない日々の不安から、どこかに確実に『治りますよ』と言ってくれる先生はいないか?
あちこちに電話をかけて探す人が増えています。

当院は症状ではなく、人をみています
現実問題、治る治らないの確立は50%です。

仮に電話だけで『治りますよ』と言ってくれる先生がいたとしたら、、、魔法使いか詐欺師ですよね。

『治りますか?』と聞かれたら、『やってみないとわかりません』と答えます。

『○○の症状ですが、みてもらえますか?』と聞かれたら、『はい、どんな症状でもみさせていただきます』と答えます。

少しでも確率を上げるには、『治りますよ』と言ってくれる先生を探すよりも、まずはあなたが『治したいのか?』が大事です。

大事なコトは、あなたが『治したい』気持ちをなくさないことです。

『治したい』あなたは一度当院の整体をお試しください。

東京整体

「はい、かたこり整体院です」

と電話に出ますので

「ホームページを見て、予約を取りたいです」とおっしゃってください。

・ご希望の日時や時間帯

・ご希望のコース(女性専門じっくりコースをご希望の方はお申し付けください)

を伺い、最短で空いている日をご案内します。

LINEで予約・問い合わせ

友だち追加数

▲ 一番上へ戻る

肩こり整体院
TEL:0120-978-628
LINEで予約・問い合わせ 友だち追加数