院長プロフィール 患者さんの声 整体の流れ 整体の料金 よくある質問 アクセス

男性の不妊治療

男性の不妊とは、性機能に問題があり子どもを作れない状態にあることをいいます。

ストレスなどの影響により年々増え続けており、不妊は女性だけの問題ではなくなってきています。

不妊治療では、女性だけではなく男性も検査を受けるのが当たり前となっています。
ここでは、男性の不妊について詳しくお話しして行きます。




約半数は男性の不妊という現実

不妊治療を受けた夫婦の約半数は男性の不妊が原因だというデータが出ています。

今までは、女性に原因があるとされてきた不妊症ですが、約半数もの男性に不妊が確認されているというのは、驚くべき結果です。

男性が不妊になってしまう原因はたくさんあります。

ほとんどの場合が、原因不明だとされるので、治療がしにくいこともありますが、夫婦で不妊治療に取り組んでちゃんと子どもを授かった夫婦も多いです。

これだけ男性の不妊が増えると、男性自体も考え方を変えなくてはいけないのだと思います。

不妊治療に抵抗がある男性も多い

不妊治療なんか受けたくないと思っている男性は多いです。

不妊は男性にも原因があることが多いとこれだけいわれていても、やはり男性が産婦人科に通うというのは受け入れ難いのかもしれません。

また、自分に問題があるということを知らされるのが怖いと感じている男性も多いようです。
男性の不妊の原因にもよりますが、精神的なことが関係している場合は、それによってさらに不妊の症状が深刻になっていくこともあります。

女性の不妊よりも男性の不妊によって夫婦仲が壊れることが多く、それを避けるために不妊治療を受けたがらない男性も多いです。

男性はやはりそれなりにプライドがありますから、自分が不妊だと知った時にとてもショックを受けてしまうのはよくわかります。
しかし、夫婦でともに取り組むことで新たな夫婦の絆が生まれるかもしれません。

ここは、プライドを立てずに男性、女性に問わず不妊の原因をしっかり知っておくことが夫婦にとっても大切ではないかと思います。

どこからが不妊なのか?

不妊治療に関心を示しはじめてすぐに浮かび上がる疑問は、どこからが不妊だと考えていいのか?という点です。
その基準としては、普通に夫婦で性生活を送っているのにも関わらず、避妊などもしていないのに、2年以上子どもが授かれなかった場合だとされています。

その基準も目安に過ぎないので、夫婦によって、さらには男性、女性のそれぞれの捉え方も違いますから、不妊治療に乗り切るにはまず決断するまでに勇気を要することもあります。

男性の不妊の原因

男性の不妊の原因はわからないことが多いのですが、中にははっきりしている男性もいます。
また、先天性、後天性という違いもありますが、しっかりと原因を知って治療を進めていくことは大事です。

ここでは、よくある男性の不妊の原因をお話しします。

精索静脈瘤

当院でもトップクラスに多い相談が、精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)です。

精索静脈瘤は、一般男性の約15%、男性不妊症患者の40%以上にあるとされ、精巣機能を低下させます(手術した後は51〜78%で改善し、無精子症にも改善が見られたとされています)。

精索静脈瘤とは、通常は精巣から心臓に戻る血液が逆流してしまい、精巣や少し上にある精索部の周りの静脈に瘤(こぶ)ができる症状のことです。

陰嚢内の温度の上昇で精巣の発育が止まって精子の形成に欠陥が出ます。

また、乏精子症や精子運動率低下の35%、二人目不妊の78%は精索静脈瘤が原因とされています。

血管には基本的に血液の逆流を防ぐための「弁」があります。
精索静脈瘤では、静脈の弁の機能が低下して、血液の逆流が起きてしまうことが原因の一つになります。

自覚症状も少ないので、まずは専門医に診てもらうのがよいでしょう。

乏精子症、または無精子症である

男性の不妊の原因で一番多いのが乏精子症、無精子症によるものです。
乏精子症は精子が少ない状態のことを言い、無精子症は精子がない状態のことを言います。

基準としては、健康な男性で精子濃度は1mLあたり1500万個以上だとされています。

それが乏精子症の場合は、それ以下の個数になり、ひどい場合ですと50分の1ほどにしか満たない男性もいます。
精子の個数は日よって多少違う場合もあるので、日を開けて何度か検査するようになっています。
乏精子症の原因としては、喫煙が取り上げられています。
ニコチンが男性ホルモンのテストロテンを減少することで精子の数が減ります。

不妊治療を始めたら、必ず禁煙をすすめられますし、禁煙が治療方法の一つとなっています。

先天的な場合が多い精子無力症

男性の不妊の原因で3番目に多いのは精子無力症です。
精子無力症は、精子の数に問題がなかったとしても、精子があまり活動していない状態のことを言います。
正確な数字をあげると、精子の全体から見て、動いている精子が50%以下で、前進している精子が25%以下の場合、精子無力症だと診断されます。

精子無力症の原因としては先天的なものと後天的なものの二つがあります。
先天的な原因は今のところ、はっきりとはされておりませんが、後天的な原因としては、おたふく風邪や風疹、または風邪などによる急激な発熱によって精巣炎を起こした場合、精索静脈瘤によって精子を造る機能に問題が起こっていることが考えられます。

ストレスなどによる勃起障害

男性の不妊の原因には勃起障害もあります。
勃起障害は、何らかの影響により勃起力が低下して、射精ができない状態のことをいいます。
勃起障害の原因はいくつかあります。
ストレスなどの精神的なことが多いですが、その他にも原因はあります。

ストレスやうつが原因

勃起障害の原因で一番多いのがストレスやうつによるものです。
ストレスやうつ、または大きな不安を抱えている時など、勃起障害になりやすく、年齢的には20代から40代と言った若い層が発症します。

ストレスやうつの原因は職場ばかりではありません。
家庭の中においても夫婦不仲などが原因で勃起障害を起こすこともあります。
奥さんのちょっとした一言で傷ついてしまい、それが原因で勃起障害を起こすことも考えられます。

神経系の障害によるもの

脳からの神経がうまく陰茎に伝達できなくなると、勃起障害を起こします。
性的刺激を受けると、脳から陰茎に中枢神経や末梢神経、脊髄神経などを通り信号が送られますが、神経に障害があることで勃起障害を起こすのです。

また、以前はあまり知られていませんでしたが、最近では脳腫瘍や脳出血、パーキンソン病やアルツハイマー病が原因で神経系の障害を起こし、勃起障害になることが明らかにされました。

手術の後遺症

前立腺や膀胱、直腸のあたりを手術したことがある人は、その後の後遺症として、勃起障害を起こすことがあります。
特にガンの場合は、摘出手術の際に陰茎海面体の血管や神経を損傷する可能性が高く、それによって勃起障害が起こることがあります。

加齢によるもの

勃起障害は加齢によっても起こります。
これは本人の考え方にもよりますが、加齢によって血管や神経が衰えてくることで、必ず勃起障害が起こりますから受け止めるしかないと思います。
しかし、その年齢をなるべく高くしたいのなら生活習慣を規則正しくして、喫煙やアルコールなどは控える必要があります。

その他に考えられる原因

糖尿病や高血圧

勃起障害の原因に糖尿病や高血圧、動脈効果があります。
これらの原因は全て血液循環に関わることであり、血管と神経が勃起障害とつながっていることがわかります。
こうした病気も生活習慣から起こるものなので気をつけるようにしましょう。

包茎と細菌

包茎自体は問題ではありません。

日々皮のかぶったペニスをキチンとむいて、洗っているか?

ペニスの皮の下あたりは殺菌力を発揮する器官はありません。
湿度・栄養分・温度が細菌やウイルスが増殖できる温床になってしまう可能性があります。

細菌だらけのモノを入れられる女性の身体は敏感に反応して、膣内を酸性のままになってしまいます。
これでは細菌だけではなく、精子も死滅して、卵子まで到達できません。

自分が近寄るだけ、触れるだけで、相手の女性にどんな反応が起こっているのか?

こういった部分にも思いを馳せ、手を抜かないことが大事です。
最低限知っておかなければならないエチケットのようなものです。

『割礼』という宗教的儀礼を聞いたことがありますか?

陰茎の皮を一部だけ切除するというものです。
こうすることで性感染症の予防や、細菌の問題をクリアにしてます。

東アジア文化圏では馴染みがありませんが、イスラム圏を中心に世界の割礼人口は約10億人にもなると推計されています。

日本人で手術を受けるほどの包茎は少数派といわれてます。
心配なようでしたら、専門家にみてもらうことも大事ですが、まずは日々できることからですよね。




男性の不妊の症状

男性の不妊の症状には、自覚できるものとできないものがあります。
自覚できるものに関しては、自分で気づいてから病院に行けばいいのですが、自覚がない症状に関しては、病院で検査しなければわかりません。

ここでは自覚のあるもの、ないもの全ての症状をお話しします。

性行為の時に勃起しない

性行為の時に勃起しないという症状は、勃起障害の可能性が高いです。

この場合は、明らかに自覚症状がありますので、おかしいと思ったらすぐに病院に行くようにしましょう。
また、勃起しないという症状までに至らなくても、勃起しにくい、勃起しても持続性がない場合も男性の不妊の症状が出ていると言えます。

精液の量が少なすぎる

精液が出なかったり、明らかに精液が少ないのも男性の不妊の症状です。
大のスプーン1杯分以下の精液しか出ない場合は、射精障害が起こっている可能性がありますので、早い目に検査をして治療を始めるのがベストです。

2年以上子どもができない

男性が自覚症状がないのに不妊に気づくのは、大抵は結婚してからだと思います。
普通に性行為もしているのに2年以上子どもができなかった場合には、乏精子症や無精子症、精子無力症の症状が出ている可能性が高いです。
まだ若いのに、2年以上も子どもができないという状態が続いたら、男性の不妊の症状が出ている可能性が高いです。
さらに進行して治療困難にならないように、早い目に検査を受けるように心がけましょう。

また検査は郵送で受け付けているクリニックもあります。
クリニックで精液の検査をすることに抵抗がある男性は、郵送で受け付けてくれるクリニックを一度探してみるといいでしょう。

男性の不妊の一般的な治療・改善方法

男性の不妊は原因がわかりにくいので、治療方法を見出して行くのも大変です。
また治療を行なったからと言って必ずしも、改善するとは言えませんが、早い目に治療を始めるのに越したことはありません。

勃起障害は薬で8割が治る

勃起障害の場合は、病院で処方される薬を服用すれば8割は改善します。
薬を服用する前には、生活習慣の見直しや喫煙、アルコールを控えたりなどしますが、それでも効果が見られなかった場合には、薬を服用することで治療を進めて行きます。

薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあります。
これらによって、性行為の際の興奮時に勃起を促進します。

乏精子症・精子無力症は薬か手術治療

乏精子症・精子無力症の場合は、薬での治療、または手術での治療が必要になってきます。
薬での治療には、クロミフェン内服や補中益気湯内服が使われます。
睾丸上部に流れる静脈が肥大している精索静脈瘤がある場合は、手術で7割型改善すると言われています。

無精子症は2種類の手術方法で治療

無精子症の中で閉塞性無精子症の場合には、精管閉塞部を顕微鏡を使用しながら再建する手術方法で治療が行なわれます。
局所麻酔を使っての手術になりますが、数日間の入院が必要です。

精管が欠損しているタイプの無精子症の場合は、睾丸内精子を使用して顕微授精を行なうTESE-ICSIという手術、精巣内の精子を使用して顕微授精を行なうMDTESE-ICSIという手術が行なわれます。
どちらも日帰り手術なので、そこまで大事な治療ではありません。

生活習慣の見直し、禁煙・禁酒・睡眠

基本的には生活習慣の見直しやアルコール、タバコを控えるといったことが改善につながります。
特に勃起障害の場合は、精神面からの影響も多くありますから、生活習慣を改善して、運動を程度に行なうなどで治ることが多いです。

アルコールやタバコは精子の数が減ってしまいます。
不妊治療を始めようと決意した瞬間から、もう始めた方がいいです。

ストレスによる勃起障害についても、運動をすることでストレスが発散されて、良い睡眠を取ることで疲労回復も早くなり、嘘のように改善されることが多いです。

他の病気の治療をする

糖尿病や高血圧などの病気が原因で不妊になっている場合には、まず持病の方の治療をしっかり行なうことが大切です。
原因となっている病気が改善されると、不妊も治ることがあります。

射精の回数を増やす

これは不妊治療の中でもよく医師からいわれることですが、不妊の場合はとにかく射精の回数を増やすことです。

勃起障害の場合は、それも難しいのかもしれませんが、乏精子症や無精子症、精子無力症の場合には、射精の回数を増やすことで、次第に改善されてくることもあります。

男性の不妊は、今後もさらに増え続けるだろうといわれていますが、「検査に行ってほしい」というのは女性からもなかなか言いにくいものです。
不妊についての対応に困るのは男性だけではなく女性も同じです。

そうしたことをお互いに理解して、夫婦で不妊治療に取り組めるといいですね。

オススメの書籍

当院の男性不妊の整体とは?

男性不妊の8割は『血流不良』ととらえています。

施療としては、太もも内側の静脈の流れ、腸腰筋、S字結腸など、骨盤内の血流改善を行います。

勃起や性欲は、自律神経の交感神経(興奮)ではなく、「副交感神経」が優位な状態、すなわちリラックスしているときに起こります。
残業続き、夜遅くまでパソコンやゲームなど光刺激を見続けたりする生活。
交感神経が常に働かざるをえない状況となってしまい、副交感神経に切り替わるタイミングを得られずにいます。

呼吸が楽に出来るようにして、脳が休まるような施術を行います。

男性ホルモン「テストステロン」の分泌を促し、血管を拡張させる役割を果たしているのがNO(一酸化窒素)の分泌も促します。

こうすることで、自発的に身体が回復できるようにお手伝いするのが当院のやり方です。

女性不妊と比べて、原因が単純で結果が出しやすいのもポイントです。

ただ残念ながら、男性は整体に通う意識がとても低いです。
メンタル面でも弱いのが男性です。
男性不妊かもとなったときに、積極的な治療に参加しません。

逆に一度来られた方は、結果が出るまで通われるのも男性の特徴です。

最初の一歩が踏めないのはみなさん同じです。

まずは気軽に受診してみてください。

夫婦だとしても、守秘義務は守ります

ご夫婦で来院されている場合も、施術中に知り得た情報は守ります。
お気軽にご相談ください。

施術方針

どんな症状でも真っ直ぐに立つように調整します。

当院の施術では、基本的に痛いところではなく、足から全身の骨格のズレを整え、身体の歪みをなくし、真っ直ぐに立つように調整します。

なぜなら、土台である足から全身は繋がっているからです。

その場で魔法のように全部の痛みを取るのが目的ではありません
足から整え、全身が動きやすくなることで、身体が自発的に良い方向に変化していくお手伝いをするのが整体の目的です。

軽いものであれば、その場で痛みやコリがスゥーーっと取れるので不思議がられます。土台を整えるとはそういうことなんです。

どんなに詳しくお話を聞いても、細かく検査をしても、今の状態(ゆがみ)しかわかりません。

客観的に観て、どうしてそうなってしまったのか?の根本原因が初回ではわからないのです。

人の数だけ原因があり、臨床例や経験などから推測するものでも、最低でも10個以上は思いつきます。

そこで、最短で良くなる方法として、

【どんな症状でも真っ直ぐに立つように調整して、次回にどこが崩れるかをみて再調整】

というやり方をしています。

初回ですっかり良くなったとしても、表に出ている症状がよくなっただけで、根本原因がよくなっている保証はありません。

2回目は、初回の調整をした結果、身体がどのように崩れるかの差をみます。

このように、症状の原因、原因の原因、戻す原因を施術していくことで、マイナスからゼロに戻す施術を行います。

3回〜6回以降は通院間隔も徐々に延ばしていきます。

目標は、その状態が3ヶ月ぐらい安定継続して、気にならなくなったら、ひとまず卒業。という感じです。

その後、ゼロからプラスにしたい人は、継続して、次の治療計画に進みます。

普通に生活をするぐらいでしたら、ゼロに戻した時点で終わりとなります。

整体施術をして、バランスよく立てるようになると『こんなに軽いんだ』と思うほど楽になります。

マッサージや他の整体とは違う効果を実感していただけるはずです。

かたこり整体院の施術方針

健康とは、健康を意識しないでいられる普通の状態です。

どんな人の身体も、痛くなっても、疲れても、寝たら治る。
痛くなりにくい。疲れにくい。

安定した身体があると起こる自然な回復現象です。

健康を気にしないことで、余裕が生まれて、本当にやりたいことを楽しめます。

人間は、「身体」が健康になると、人生を楽しむことができます。

痛み・コリ・ゆがみが解消するだけではなく、
『できないコトができるようになる』整体院。

あなたがごきげんで楽しく暮らしていけるようにお手伝いをしています。

あなたの『できないコト』はなんでしょう?

『こんなことができないんだけど?』とお気軽にご相談ください(^ω^)

ここまで読んでみても、心配なあなたへ

ホントによくなるのかな?
お金がかかるからなぁ。
今までもよくならなかったし・・・

そんな治りたくない言い訳をして諦めてませんか?

わたしは日々行っている整体の可能性を信じています。

すべての痛みや症状が改善すると言いたいわけではなく。

ここを読んでもらって、わたしと縁がある人はよくなる人だと信じています。
逆にわたしがお手伝いできない人とは縁がないと信じています。

『痛み・コリを解消して、毎日を楽しくごきげんで暮らしたい』

そう思っているあなたは、身体が変化する可能性を信じてほしい。
長い人生のほんの少しのことですが、思いっきり変わってしまうかも知れません。

電話をする覚悟と治療の時間を作ってください。

きっとよくなって、楽しい生活が待っていますよ。
『変わりたい』とあなたが決めたなら、わたしがお手伝いしますので変われます。

痛み・コリを解消して『毎日を楽しくごきげんで暮らしたい』方は、気軽にご相談ください。

現在できうる最高の技術で尽くさせていただきたいと考えています。

あなたのご来院を、心よりお待ちしております。

かたこり整体院 院長 松田俊輔

東京整体

「はい、かたこり整体院です」

と電話に出ますので

「ホームページを見て、予約を取りたいです」とおっしゃってください。

・ご希望の日時や時間帯

・ご希望のコース(女性専門じっくりコースをご希望の方はお申し付けください)

を伺い、最短で空いている日をご案内します。

LINEで予約・問い合わせ

友だち追加数

▲ 一番上へ戻る

肩こり整体院
TEL:0120-978-628
インターネット予約はこちら