うちは街の中華屋です?

2017 0417 39043

写真は休みの日に必ず行く、近所の中華屋のカツ丼セット。

親父さんは80歳近くで大量の注文もひとりで淡々と作っている。チャキチャキの愛想のよくない看板娘が運んでくる(笑)

食器もナニ頼んでも同じ薄い青で、食欲が増す色ではないけど(笑)

ラーメンも薄味の醤油だけど、最後の最後まで食べ飽きない。
これにちょいと濃いめのカツ丼がよくあう。960円。
これに瓶ビールつけて、昼から一杯すると最高に幸せで元気が出る。

なんの話だと思わずに読み進めてみて(笑)

最近は登山の記事がメインで仕事してないんじゃないか的な感じですが、

すげー仕事してますから(笑)

今日も朝からこの時間まで休憩なし・・・11時間連続ですよ。

特に土曜日は、もしかしたら土曜営業だけでもいけんじゃね?みたいな忙しさ。

ありがたいことです。

いろいろ思うところあって、治療の話は出来るだけ書かないようにしてます。

あんまり書くと誇大広告というか、会ったこともない先生から患者さんを紹介されたり(責任重大)、患者さんも妄想に近い想像されたりと(なんでも一発でよくなると)、自分の言葉で必要なコトだけ書いたホームページはあるし、それ以上はオモテに出す必要はないなと悟りました。ほぼナニも知らずに受けてくれた方がやりやすいなと。

昔は調子に乗っていろいろあったことを書いてましたが、最近は治療しているってよりかは、街の中華屋の親父みたいな気分でして、毎日淡々と仕事してます。

ここが痛い、調子が悪いってのと、お腹空いたと同じように聞こえるんですよね。
それが病気といわれることでも。

特別なことじゃないんだなと。

お腹空いてるんだから、相手が求めているモノを出すだけ。

ちょっと待っててね〜

はいよ、チャーハンお待ち!!

うわ、すごい美味しい!!(=痛くない!)

みたいな(笑)

なんでもよくなるわけじゃないし、好みの味ジャナイカも知れないけど、帰るときにはお腹いっぱいにしては帰している。

なので、うちの味に合う人だけが続けてきているだけ。

そんな感じでやっているから、これナニ入ってるんですか? 調味料はナニ入ってるんですか?とか聞かれても、材料も調味料も、普通にスーパーで買ってきたモノだよ??

だいたい、治療というか調理されている(笑) あなた自体はすげー特別じゃないでしょ?みたいな(笑)

所詮赤い血が流れている人間ですし。

どんなんでも、基本的にナスはナス、きゅうりはきゅうり、人は人。

調理法だって、至って普通というか、適当(笑)

ナニしているんですか?とか聞かれても、炒めただけだし・・・とか。

説明もバックグラウンドやベースがちがいすぎるので、説明してもわからないから、いつも適当(笑)

そんなむずかしいこと、街の中華屋の親父に聞かれてもねえ・・・わからんわ(笑)

調理師もピンキリだけど、整体師もピンキリ。

素材や調理法、栄養士かみたいに成分まで精通した調理師もいるけど、みんながそこまで詳しいわけでもないじゃん。

調理学校で成績優秀でも、うまい料理が作れるのとはちがうみたいな。

目的のちがい?

うちは解明するのが仕事じゃないから、ただ料理を出すだけなので。

腹減ってたら、治るモンも治らんわ。
お腹いっぱいなら、そのうち治るんじゃない?みたいな。

今日も紹介でこられた人は、
『すごくて、変で、とりあえず受けてみて』と言われてきたし・・・
昔ながらの中華屋で、親父さんは変わっているけど、美味しいよ、みたいな(笑)

情報なんて、それぐらいでよし。

整体があやしいとか、怖いとか、でも困っているんです、不安なんで詳しく話が聞きたいみたいなのは、もうね、わたしからしたら、キミはまだあんまりお腹空いてないんだねって話。

腹減ってて、自分で作れないなら、普通は食べに行くじゃん。

すごーくお腹空いてたら、とりあえず見つけたお店で食べるじゃん。

それで美味しかったら、最高じゃん。

身体だって同じコト。

街の中華屋の親父がいちいち、今日はナニ出して、こんなに美味しいっていってたみたいなこと書かないし(笑)
普通にうまいに決まっているわと。こちとら何年も何千回とチャーハン炒めてるわ、カツ丼セットなんて10分で出せるわと。

フォアグラやキャビアが食べたかったら、丁寧に食材から説明してくれるサービス受けたかったら、そういうとこに行ってねと。

良い悪いじゃないけど、好みの問題?

うちは街の中華屋だから。

そんな感じで治療というか、今日も淡々とカツ丼セットだしてますよと。

東京は高級店ばかりだけど、生活には街の中華屋も必要なのよ(笑)

なんとなく街の整体屋ってのがわかりやすい説明でしょ?(笑)

と、たまには治療してる人っぽいこと書いてみました。

スポンサーリンク