まだまだあった!!前代未聞の盗用事件に発展

ゲスの極み、みなさまの声も症状ページも盗用で作られたホームページだった・・・

ホームページ盗用事件ですが、Facebookでシェア拡散されて、7000人以上の方が記事を読んでいただけましたm(__)m

『先生のホームページが盗用にあっていますよ』 そんなメールをいただきました。 また画像のコピーか?と思ったら・・・ ...

ご本人からお電話とメールもいただき、ホームページにも謝罪文が掲載されましたが、1週間も経たずに削除されました。

残念ながら、盗用の事実は認めておらず、あくまでも参考にしてテストでアップしたとのこと。

故意で人を殺しても、正当化する人もいるから、裁判所があるんですけどね。

なぜ、素直に謝れないのかが不思議です。

著作権侵害は刑事事件

まず、著作権侵害は民事ではなく刑事事件です。

警察に被害届をだせば逮捕されることもありうるのです。

著作権法119条には、

「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」

窃盗罪に相当する、かなーーーーーり重い事件です。

無断改変の上に盗用です。

もうね、どうしようもないね

検索していたら、他にも盗用サイトを見つけました。

以前も業界が腐っている話を書きましたが、人としての質が問われていますよね。

まぁわたしは業界の人間じゃないので、好き勝手書きますが(笑)

ここ2年ぐらいはがんばって業界内の横の繋がりを広げてみたけど、なんか疲れた(笑) 悪口、陰口、妬み、嫉み、僻み、恨み、辛み、憎...

無知を越えて、勝手に自滅して、苦労してくださいといいたい。

もうね、呆れるってこういうことだな。

スポンサーリンク