ペットボトル症候群→力が抜ける→スポーツの成績が出ない

4441c4cb18039a070795d84245515c8d

ボーッとする、集中力がなくなる、
落ち着きがなくなる、無気力になる、
力が出ない感じ、身体がおもだるい、
倦怠感や眠気、トイレに行く回数が増える。

この時期にくる小・中・高校生のケガや不調の元を辿っていくと、よかれと思って飲んでいたスポーツドリンクが原因だったというケースが多いです。

この傾向は年々増えている感じがします。

『ペットボトル症候群』(機能性低血糖)とは、スポーツドリンク、清涼飲料水などを大量に飲み続けることによっておこる症状(低血糖・低ナトリウム血症)のことです。

水代わりに1日に2リットルぐらい飲むと、120 – 200gもの糖分を摂ることになります。

くわえて、アイスクリームや食事からの糖分もあわせると・・・

いきなり結論 

1.喉が渇いてから、水で十分
2.【スポーツドリンクがただの水より健康に良い】と裏付けるデータはない
3.スポーツドリンクを飲みすぎると疲れる?
4.予防のためと飲み過ぎると、血液が薄くなる【低ナトリウム血症】になる
5.OS1(経口補水塩)は予防薬ではなく治療薬

喉が渇いてから、水で十分

人間は体温の上昇を抑えるために汗をかくわけですが、この時にナトリウムやカリウムが喪失されるのは確かです。

汗の成分の99%は水です。

比率からいえば圧倒的に水分が失われています。

身体から水分がなくなり、血液が濃縮されて、ナトリウム濃度も高くなり、脱水傾向になると、喉が渇くという仕組みです。

確かに、高齢者や病的な状態だと、喉の渇きを感じにくい人もいます。

「喉が渇いたら、早めにこまめに水分を摂りましょう」

なら話はわかりますが、

「喉が渇かなくても、定期的に水分(スポーツドリンク)を摂りましょう」

適切なアドバイスなのでしょうか?

水を飲むと、だいたい30秒ぐらいで血管に入るといわれています。

これで十分なんですね。

水が飲みにくいのであれば、麦茶でOKです。

本当にスポーツドリンクは水よりも優れているのか?

20120611 76287

スポーツドリンクがよいというのは、古い話ではないんです。

激しいスポーツをすると、糖・水分・塩分・カリウムが失われるので、これを一緒にした飲料水を作り、それを運動中に適宜補充すれば、運動の効率が持続し、高いパフォーマンスが持続するのでは?

という推定を元に1965年に発売されたのが、ゲータレードなんですね(日本では1970年に大正製薬が導入して販売を開始)。

これが大ヒットしたので、そこからもっと使ってもらおうと、オリンピックなどの大きな大会でスポンサーになって、お金をかけて宣伝告知していった歴史があります。

これ飲んでおけば、パフォーマンスがあがりますよって話はわかりやすいですよね。

100歩譲って、スポーツをしている人にスポーツドリンクの補給がいいとしても、そもそもプロスポーツ選手にいいからといって、アマチュア選手にもいいとは限りませんよね。

練習量や運動量がまったくちがいますから。

商業主義で作られた幻想(ファンタジー)なんです。

スポーツドリンクを飲みすぎると疲れる?

8955fff4 s

暑い・スポーツをする→のどが渇く→スポーツドリンクをがぶ飲み

大量の糖分をとると、血液中のブドウ糖が増えて血糖値があがる。

高血糖の状態は、さらに喉が渇く→スポーツドリンクをがぶ飲み

すい臓からインスリンが多量分泌。(インスリンは血糖値を下げる)

逆に低血糖状態(機能性低血糖)になる。 → 身体がだるくなったり、疲れやすい。

脂肪を燃焼させて、血糖値を上げようとアドレナリンが分泌。 → イライラ、キレやすくなる。

ここ数年、スポーツをしているときに、熱中症の予防にと、喉が渇いてもいないのに、スポーツドリンクをガバガバ飲み過ぎて、低血糖状態になって倒れる学生が続出しています。

4ff91ee83a2ed

「糖」といっても、悪者ではなく、欠かせないエネルギーです。

糖質もいろいろ種類があって、ご飯と砂糖(の入った飲み物)では吸収の仕方がちがいます。

ご飯の場合は、吸収に3〜4時間ぐらいかかります。
雪解け水のようなので、血液の中にゆっくりと糖が増えます。

砂糖(の入った飲み物)は、大雨洪水ですね。
すぐに吸収され、川は洪水。
大量の糖を減らすために、インスリンが大量にでてしまいます。

内臓は大忙しで、疲れやすくなったり、だるくなったりするわけです。

やっぱり、糖の補給はご飯を食べるのが一番!

予防のためと飲み過ぎると、血液が薄くなる【低ナトリウム血症】になる

スポーツドリンクによる糖の摂り過ぎの他にも、スポーツドリンクを摂り過ぎて血液が薄くなる【低ナトリウム血症】も起こりやすいです。

2002年のボストンマラソンで行われた調査では、488名の採血を行ない、その13%に低ナトリウム血症を認めています。

レース後に低ナトリウム血症のために死亡した例もあるぐらい。

これはマラソンを走りながら、ジャンジャン水分を摂った結果、水中毒の状態になり、ナトリウムが低下して、脳への障害から死に至ったというわけです。

逆に多少、脱水傾向の方がパフォーマンスはあがるという論文はあるんです。
http://www.bmj.com/content/345/bmj.e4737
http://kaigyoi.blogspot.jp/2012/07/blog-post_20.html 

「喉が渇いてからでは遅い。
時間を決めてスポーツドリンクを摂りなさい。
そうでないと脱水や熱中症になりますよ」

この指導は、どう考えても納得のいかないモノが多いんですよね。

OS1(経口補水塩)は予防薬ではなく治療薬 

なんでもかんでもスポーツドリンクの類が悪いとはいいません。

例えば、子どもが下痢したときや、高齢者が食事を摂れなくなったときや下痢の時、電解質と糖質とを含む飲み物は、有用性が高いと思います。

ポカリスエットやOS1(経口補水塩)は、予防に効果があるように宣伝され使用されていますが、これといった根拠はないんですね。

あくまでも、予防薬ではなく、治療薬として使う(飲む点滴)。

脱水は怖い
熱中症は危ない

という飲料メーカーによる宣伝が、医療を巻き込んで広く流布されている。

逆に「水毒」による体調不良に、苦しんでいる方が多いのが現在だと思います。

喉が渇くという、シンプルで奥深い身体のシステムを信頼せず、先回りして、水分を摂ることに意味はないんです。

みなさんもお気をつけなはれや。

スポンサーリンク