えっ?プリンターのインク代が1/10になる?! さっそく実践してみた記録

院内資料、ストレッチ教室、足半屋、セミナーと、毎月1000枚ぐらい印刷するので、詰め替えインクを使っていました。

それでも、年間にするとバカに出来ない金額になります。

さらに詰め替えインクを使っていたせいで、買い換えてから半年で、目詰まりで修理に出す羽目に(笑)
詰め替えインクではよくある故障だそうな・・・

もっと安全で安上がりにする方法・・・ありました。

結論から言うと、

マヂでオススメ(σ゚∀゚)σゲッツ!!

月に500枚(紙の束1冊)を使っている人は、すぐに買い換えても損はないぐらい。

そんな夢のようなシステムに変更した記録です。

まずはコスト比較してみました

純正品カートリッジ(4色31ml 4,049円)  1mlあたり 126円

エコッテ 詰め替え(4色500ml 12,000円) 1mlあたり 24円

ビッグタンク(4色855ml 9,180円) 1mlあたり 11円

ちなみに高級酒のドンペリは1mlあたり 69円(笑)

ビッグタンクカートリッジ込みの価格なので、補充用のインクはもっと安い。

1mlあたり、7円・・・送料込み(笑)

森のくまのインク屋さんの補充用インクでさえ、1mlあたり、8.7円・・・送料別(笑)

圧倒的すぎる。

次にA4の1枚あたりの印刷コスト。

純正品カートリッジ 7.3円

ビッグタンク 0.78円

1万枚印刷すると、65,200円の差!!

プリンターが2台買えますわ(笑)

※JEITA作成発行の「家庭用インクジェットプリンターの印刷コスト表示に関するガイドライン第2版」に準拠して計測。

さて、どのプリンターにしようかな?

ビッグタンク対応プリンターは、純正インクがLC12とLC11のモノになります。

最新式のプリンターはLC113とLC111というチップ付きのモノになってしまった。こちらのビッグタンクは開発中だそうな。

というわけで、昨年のモデルからチョイスすることに。

プリンター・スキャン・FAX・コピーの複合機タイプで、さらにA3印刷にも対応したモノから選ぶと、この3機種になってくる。

MFC-J6910CDW 59,800円(両面スキャン・A3とA4の二段トレイ)

MFC-J6710CDW 29,240円(A3とA4の二段トレイ)

MFC-J6510DW 27,800円(一段トレイ・給紙251枚)

両面スキャンは必要なくて、二段カセットは便利なので、迷わずMFC-J6710CDWに決定。  

注文からたった1日で届いたプリンター

MFC−J6710CDWを買うことに決めました。

楽天最安値(価格.comよりも安い)で、送料も無料のハイパーファクトリーさんで、月曜の午前中に注文して、火曜の午前に届く。

早すぎ(笑)

いざ開封の儀

想像以上にデカいっす(笑)09・10-13551

左が今まで使っていた【MFC-J4510N】09・10-13552 09・10-13553

今までと同じく、冷蔵庫の上に設置。

完全に一致ぐらいの勢いでピッタリ(笑)

この冷蔵庫は、板で作った目隠しカバーがしてあります。
09・10-13555

設置はカンタン。

コンセント入れて、電話線つけて、電話機の電話線を入れるだけ。

09・10-13556

まずは付属の純正インクで慣らし運転をすることに。

09・10-13559一段目のカセットに紙をセット。09・10-13558

次に二段目のカセットにA3を入れてみる。

09・10-13564

こんな感じで、カセットがグイーンとのびます。

09・10-13563

こんな感じで紙がすっぽり。

09・10-13565

無線にも対応していて、昔みたいなUSB接続なしに、プリンター単独でWi-Fiの設定が出来ます。

AOSSにも対応しているので、ルーターのAOSSボタを押すだけで設定可能。

すごい時代だわ。

09・10-13560

ビッグタンクも届く

午後にはAmazonで注文していた、ビッグタンクも届きました(^_^)

09・10-1356609・10-13567

この圧倒的な量のちがい。

ヤバいっすわ(笑)

当然設置すると、カバーが閉まらないんだけど、そこはちゃんとセンサー回避のための部品も付属してます。

もうね、これは買いでしょ。今でしょ10倍返しだ!じぇじぇじぇってな感じですわ(笑)

スポンサーリンク