ペルー・ボリビアの旅 その9【5日目】マチュピチュ遺跡内部編

03 20 1380328

このシリーズの見せ場?(笑) マチュピチュ遺跡内部編です。

ペルー・ボリビアの旅 その1【1〜2日目】
ペルー・ボリビアの旅 その2【2日目】
ペルー・ボリビアの旅 その3【3日目】ナスカの地上絵
ペルー・ボリビアの旅 その4【4日目】クスコ・モライの段々畑
ペルー・ボリビアの旅 その5【4日目】マラスの塩田
ペルー・ボリビアの旅 その6【4日目】オリャンタイタンボ
ペルー・ボリビアの旅 その7【4日目】マチュピチュへの道
ペルー・ボリビアの旅 その8【5日目】マチュピチュ

03 20 1380498

お昼を食べて、またもや10分ほどクネクネと狭い山道を登って遺跡内部に戻る。

03 20 1380501

マチュピチュ遺跡の最南端にある見張り小屋に向かう。

03 20 1380502

見張り小屋からの景色。何度見ても素晴らしい。

03 20 1380509

この奥にも遺跡があるんだけど、今回はそこまで行きませんでした。

03 20 1380510

風が気持ちよくて、ボーッとしてたい気分なところ。

03 20 1380530

見張り小屋の屋根はインカ時代と同じように高地に自生するイチュと呼ばれる稲科の植物を使って復元されています。

03 20 1380539

いよいよ遺跡内部へ。

03 20 1380540

作業する人たち。

03 20 1380544

この門の向こう側にある山がワイナピチュ山(若い峰)。

登山も出来ますが、高所恐怖症のボクは無理な場所(笑)

03 20 1380547

扉が設置されていた痕跡。

03 20 1380549

最近、このような『白いグループ』が多いそうな。ヒーリングや宗教関係のグループらしい。

03 20 1380553

03 20 1380555

03 20 1380564

03 20 1380570

真ん中が太陽神殿。マチュピチュで唯一弓形(半円形)を描く建造物。

どの建物も微妙に内側に傾いています。さらに半円形を描くという高度な技術。

03 20 1380572

段々畑。

03 20 1380575

ジオラマ撮影。

03 20 1380594

石切場。すべてここから切り出された花崗岩が使われています。

後ろに見える尖った山がマチュピチュ山。

03 20 1380590

3つの窓の神殿。東側にあって、光が入る設計。

03 20 1380597

北にある南向きの主神殿。後ろがワイナピチュ山。

日本では南側が日当たりがいいですが、ここは南半球。

主神殿の後ろに太陽が昇ります。

03 20 1380598

3つの窓ですが、左右の2つは閉じられているんですよね。

03 20 1380605

主神殿の裏側にはエコーの部屋。顔を入れて声を出すと、すごい反響します。

03 20 1380608

遺跡がある山をグルッと囲むように川が流れている。

03 20 1380626

インティワタナ(日時計)マチュピチュ遺跡のなかでは一段と高い場所にある。

これがヤバかった。ハッキリと流れている層がわかるぐらいの、温かいなにかがでてました。

直接触れないので、触っている風(笑)

03 20 1380627

ウチュイワイナピチュ ワイナピチュ 農業試験場 ワイラナ

高い山がワイナピチュで、左の低い山がウチュイワイナピチュ。

段々畑が農業試験場で、草葺きの2棟の建物がワイラナ(準備室)。

03 20 1380629

03 20 1380633

ツアー同行者(笑) このあとから彼は『ロック』とあだ名が付きました(笑)

03 20 1380653

リャマの親子。

03 20 1380658

天体観測の石。

03 20 1380663

こういう狭い場所もある。

03 20 1380666

03 20 1380668

コンドルの神殿。自然の石の上に人工の石組を組み合わせて、地上の世界と天井の世界を結びつける神聖な場所。

03 20 1380677

コンドルの石。東を向いていて、生け贄のリャマを捧げた儀式の石。

03 20 1380683

03 20 1380688

かなり広いです。

03 20 1380693

03 20 1380702

例のラピュタ(笑)

03 20 1380714

飛びました。

03 20 1380728

浮きました。

03 20 1380736

ふわっと(笑)

03 20 1380743

お腹いっぱいマチュピチュを堪能して、帰りのバスに。

03 20 1380750

村を散策。

03 20 1380752

ドルも使えるけど、現地通貨のソルの方が安い。

キャッシュカードで換金したけど、日本語が使える仕様。

03 20 1380757

マチュピチュの土産物屋台にはデジタル用品も。電池とかSDカードは売れるんだろうなぁ。

03 20 1380758

インカシューズ。オリジナルで仕立ててくれるみたい。

03 20 1380759

山のようにお土産屋さんが続く。

03 20 1380762

添乗員さんからたまごスープの差し入れ。こういうのがすごくありがたい。

03 20 1380765

南米の穀物キヌアのスープ。日本では健康食品として売られている。

03 20 1380767

ペルー料理のロモ・サルタード。牛肉と玉ねぎの醤油炒め。

これはうまかった。

マチュピチュ編完結!

つづく・・・

■使用カメラ&レンズ
Panasonic Lumix GX7 / 
G X VARIO 12-35mm/F2.8

スポンサーリンク