院長プロフィール 患者さんの声 整体の流れ 整体の料金 よくある質問 アクセス

No.001生理前後にきつくなる肩こり

患者情報
20代
女性
会社員
初回来院
2016年01月
症状

生理前後にきつくなる肩こりと左肩甲骨の痛みを訴え来院。

慢性的に肩こりの自覚はあるが、生理前後は仕事に集中できないほどの痛みとコリ感を感じる。

年々悪化の傾向にあったが、生理前後の「肩こり」なので放置してきた。

月に2〜3回は頭痛を感じている。

治療内容と経過

片足閉眼テストは5秒。特に左足は2秒ほどとバランス能力が悪い。

姿勢は反り腰で、内臓の下垂もみられる。

初回の説明では、

1.バランスの悪さを補正しようと、首や肩が緊張して、さらに脳への血流が低下。

2.生理中に分泌される子宮を収縮させるホルモン・プロスタグランジンが過剰分泌タイプで、プロスタグランジンは胃などの消化器も収縮させるため、生理時に肩こりを強く感じることを説明。

足からバランスを整えて、安定した状態にしてから、頭蓋骨の治療をする。

初回の治療後に、鈍痛は7割程度解消していた。

週2回の継続治療をして、3回目の治療が生理日と重なり、いつもの半分ぐらいの痛みになった。

その後、1ヶ月の集中治療期間後は、週1回ペースで通院。

治療開始後、3回目の生理時にはまったく不快感なく過ごせるようになる。

同時に治療した症状

肩こり 生理痛

コメント

今回の症状は足のバランスの悪さが引き起こしていました。

特に、肩甲骨を中心(内側)に身体を緊張させて、身体の重心を保つようなバランスをしていました。
子宮自体にはアプローチせずに改善したことから、子宮自体ではなく、構造からくる機能的な問題だったと推測される。

患者さんの声

「1回目の施術で、毎日感じていた肩の痛みが取れたので、継続してここで治していこうと決めました。」

こちらもあわせてお読みください

○○の症状ですが、治りますか?

様々な情報や治らない日々の不安から、どこかに確実に『治りますよ』と言ってくれる先生はいないか?
あちこちに電話をかけて探す人が増えています。

当院は症状ではなく、人をみています
現実問題、治る治らないの確立は50%です。

仮に電話だけで『治りますよ』と言ってくれる先生がいたとしたら、、、魔法使いか詐欺師ですよね。

『治りますか?』と聞かれたら、『やってみないとわかりません』と答えます。

『○○の症状ですが、みてもらえますか?』と聞かれたら、『はい、どんな症状でもみさせていただきます』と答えます。

少しでも確率を上げるには、『治りますよ』と言ってくれる先生を探すよりも、まずはあなたが『治したいのか?』が大事です。

大事なコトは、あなたが『治したい』気持ちをなくさないことです。

『治したい』あなたは一度当院の整体をお試しください。

東京整体

「はい、かたこり整体院です」

と電話に出ますので

「ホームページを見て、予約を取りたいです」とおっしゃってください。

・ご希望の日時や時間帯

・ご希望のコース(女性専門じっくりコースをご希望の方はお申し付けください)

を伺い、最短で空いている日をご案内します。

LINEで予約・問い合わせ

友だち追加数

▲ 一番上へ戻る

肩こり整体院
TEL:0120-978-628
LINEで予約・問い合わせ 友だち追加数